ふぐやてっちりのイラスト│ふぐを一番消費している地域は・・・ イラスト collection




 ★現在、楽天市場で購入できる・・・

  ・インフルエンザ対策関係の本の一覧はこちら

  ・医療用マスクの一覧はこちら

  ・マスク以外のインフルエンザ対策商品はこちら



ふぐやてっちりのイラスト│ふぐを一番消費している地域は・・・

hugu.jpg

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B5%E3%81%90

ふぐで検索したらフグに転送されてた。
やはり、フグ科など名称で探す場合はカタカナなのか?

ふぐ料理は、一般的に高級料理として旬の冬場に食べられる。もっとも、近年は養殖により季節を問わず食べる事が可能である。フグを料理用に捌くためには、一般の調理師免許に加えて各都道府県の定める免許や資格が必要となる。ただし、各都道府県によりその対応は異なり、届け出後講習会を受講するだけで資格が与えられる地域があれば、試験によるふぐ調理師免許取得を要する地域もある。また、毒のないフグにおいても調理にあたり資格が必要であるが、資格なしでも調理できるように働きかけがなされている一方で、家庭での調理は条例によって罰せられる地域もある。

日本近海においてもふぐは数百種類生息しているが、それぞれによって毒を保有している部位が異なり、また、食用になる部位が全くないものもいる。そのためキノコ類と同様、素人目には判断できない場合が多い。


hugu (2).jpg
ところで、この記述のすぐ下のところで、目が点!

なお、食用ふぐの7割が京阪神地域で消費されており、特に大阪での消費量は全消費量の6割に達する。


大阪かぁ〜〜。そういえば黒門市場に行けば、ふぐだらけだもんなぁ〜〜。あの光景は、ちょっとなかなかなものがあります。スーパーの魚売り場くらいで「魚の目が気持ち悪い!」なんていっている人は、卒倒するかも・・・。

hugu (3).jpg
posted by イラストレーター | 料理のイラスト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。