冬のイラスト│スキーの始まり イラスト collection




 ★現在、楽天市場で購入できる・・・

  ・インフルエンザ対策関係の本の一覧はこちら

  ・医療用マスクの一覧はこちら

  ・マスク以外のインフルエンザ対策商品はこちら



冬のイラスト│スキーの始まり

ilm2007_01_0741-s.jpg

てなことで、スキーというのはいつごろから始まったのかと『ウィキペディア(Wikipedia)』をひも解けば、古くは10世紀ころにバイキングがやってたとのこと。

そして現在のスキーの形態に落ち着いたのが1800年代後半と、そしてあの八甲田山の雪中行軍遭難事件をきっかけに日本にはいってきたようだとのこと。

ふむふむである。

どうしても「子連れ狼」のワンシーンでたしか黒鍬衆がスキーでやってくるというのがあった気が・・・。はしご剣・・・。ん〜〜、思いだせん。

sec098-s.jpg
スキーの起源は古く、スカンジナビア半島では紀元前2500年ごろの壁画に狩りをする人がスキーを履いた姿が描かれているのが確認されている。

10世紀から11世紀にかけて、バイキングがスキーを軍用に用いたという記録が残っている。

1860年代には、スキー板とスキー靴を固定するビンディングが考案される。1879年には、ノルウェーのオスロにて、初の大規模なスキー大会が開催された。

1907年、ハンネス・シュナイダー(Johannes Schneider)によって、オーストリアのサンアントンなどにスキー学校が設立される。シュナイダーによって、シュテムなどの技術が体系化された。

1924年、フランスのシャモニーにて国際スキー連盟(FIS)が結成される。同年、初の冬季オリンピック大会(シャモニーオリンピック)が開催される。この大会ではクロスカントリースキー、ノルディック複合、スキージャンプがスキー競技として採用されている。アルペン競技は第4回のガルミッシュパルテンキルヒェンオリンピック(1936年)から採用されている。

1990年代後半から、カービングスキーやショートスキーなど、ターンのしやすい新しいスキー板が普及し始めている。

日本では、1909年(明治42年)に、八甲田山雪中行軍遭難事件を聴いたノルウェー王国国王のホーコン7世が明治天皇宛にスキー二台を寄贈したのが、日本とスキーの出会いと言われている。

その後、1911年(明治44年)1月12日に、新潟県中頸城郡高田町(その後の高田市、現上越市)に於いて、オーストリアの陸軍少佐テオドール・エードラー・フォン・レルヒが日本の軍人にスキー技術を伝授したことが、日本に於けるスキー普及の第一歩とされている。
しかしながら静岡県富士宮市にはそれよりも前にスキー教練をしたという話も出てきており、日本に於けるスキー事始に関しては諸説ある。普及には長岡外史などの軍人が貢献し、その後にスポーツとしてのスキーが民間へ広まっていくこととなる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

xsc060-s.jpg
posted by イラストレーター | 冬のイラスト・歳時記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。