初日の出のイラスト│初日の出のはじまり イラスト collection




 ★現在、楽天市場で購入できる・・・

  ・インフルエンザ対策関係の本の一覧はこちら

  ・医療用マスクの一覧はこちら

  ・マスク以外のインフルエンザ対策商品はこちら



初日の出のイラスト│初日の出のはじまり

hatuhinode (5).jpg

初日の出がめでたいなんて、そもそもいつの時代から言い出したのか?不思議になったので、調べてみました。

というと、困ったときの Wikipedia 。
で、まずは、「初日の出」の項目を検索。

なになに・・・、

 日本では一年に一度の最初の夜明けとしてめでたいとされ、初日の出参りを行う人は数多くいる。この習慣は明治以降に盛んになったと言われている。四方拝という天皇の元旦の儀式が始まりで、それが庶民の間に現在の形で広まり、初日の出を拝むという習慣になった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA

hatuhinode (10).jpg

ん、四方拝?で、四方拝でさらに検索。
平安時代初期、宮中を始源とし、これに倣って貴族や庶民の間でも行われ、四方を拝して一年間の豊作と無病息災を祈っていたが、時代を経るごとに宮中行事として残るのみとなった。

旧暦元旦の寅の刻(午前4時ごろ)に、みかどが綾綺殿で黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう:みかどの朝服)を召され、清涼殿東庭に出御して天皇の属星(ぞくしょう:誕生年によって定まるという人間の運命を司る北斗七星のなかの星)、天地四方の神霊や父母の天皇陵などの方向を拝し、その年の国家・国民の安康、豊作などを祈った。

(中略)

元日の午前5時30分に、今上天皇が黄櫨染御袍と呼ばれる束帯をお召しになり、皇居の宮中三殿の西側にある神嘉殿の南の庭に設けられた建物の中に入り、伊勢神宮の皇大神宮・豊受大神宮の二宮に向かって拝礼した後、続いて四方の諸神を拝する。

この時に天皇が拝される神々・天皇陵は伊勢神宮、天神地祇、神武天皇陵・先帝三代(明治天皇の伏見桃山陵、大正天皇の多摩陵、昭和天皇の武蔵野陵)の各山陵、武蔵国一宮(氷川神社)・山城国一宮(賀茂別雷神社と賀茂御祖神社)・石清水八幡宮・熱田神宮・鹿島神宮・香取神宮である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E6%96%B9%E6%8B%9D

hatuhinode.jpg
posted by イラストレーター |   初日の出・初詣
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。