クリスマスのイラスト│クリスマスが日本に受け入れられたのは・・・、 イラスト collection




 ★現在、楽天市場で購入できる・・・

  ・インフルエンザ対策関係の本の一覧はこちら

  ・医療用マスクの一覧はこちら

  ・マスク以外のインフルエンザ対策商品はこちら



クリスマスのイラスト│クリスマスが日本に受け入れられたのは・・・、

cri-logo (4).jpg

おなじみのフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のクリスマスの項目から引用、

日本でクリスマスが受け入れられたのは、1900年(明治33年)に明治屋が銀座に進出し、そのころからクリスマス商戦が始まったことが大きな契機であった。大正時代になると、児童向け雑誌や少女雑誌の十二月号には、表紙をはじめとしてクリスマスにまつわる話や挿絵がたくさん導入された。1925年(大正14年)に日本で初めてクリスマスシール(結核撲滅の寄付切手)が発行され、1928年(昭和3年)の朝日新聞には「クリスマスは今や日本の年中行事となり、サンタクロースは立派に日本の子供のものに」と書かれるまでに普及していた。

昭和初期の頃、銀座、渋谷道玄坂から浅草にいたるまでの多くのカフェや喫茶店においてはクリスマス料理の献立を用意し、その店員はクリスマスの仮装をして客を迎えた。この様子を1931年(昭和6年)12月12日の都新聞は、「七千四百余のカフェと二千五百余の喫茶店に華やかにクリスマスが訪れサンタ爺さん大多忙を来たす」と報じた。

(中略)

1930年代から、パートナーのいる人にとっては着飾ってパートナーと一緒に過ごしたり、プレゼントを贈る日であった。その一方で1931年(昭和6年)には、パートナーのいない"不幸な青年たち"には方々のレストランが「一円均一」のクリスマスディナーを売り出すなどして歓迎した、とも報じられた。


cri (3).jpg

一般的には、戦前ではそんなことは、あまりやってなかったイメージがありますが、上の引用からも明らかなように、相当あったらしい。

大正デモクラシー、大正ロマンといわれている現象は、相当なものだったらしい。調べれば調べるほど、今以上というか、すごいなこりゃ・・・、という感じでした。

かぎカッコつきの『自由』が一気に流れ込んできて、大騒動になったようです。

ところで、このようなクリスマスケーキはいつごろからなのだろうか?

cri (1).jpg
posted by イラストレーター |   クリスマス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。